ニキビ跡の悩みをパパっと解決しよう|肌のトラブル即対応

女の人

ニキビ跡の種類

看護師

ニキビは多くの人の悩みです。また、ニキビが出来るとニキビ跡が肌に残ることがあり、いつまでもトラブルが残ってしまいます。ニキビ跡と呼ばれるものは、大きく分けて2つの種類があります。一つが凹凸のできるタイプのものです。ニキビができた跡の皮膚がそのまま凹んでしまうというもので、化粧などでも隠しにくいことから多くの人が悩んでいます。凹凸タイプのニキビ跡ができる原因として、無理にニキビを潰してしまったということがあります。皮膚に強い刺激を与えることで、皮膚の内部までダメージが浸透してしまい、肌の表面も凹んでしまいます。また、もう一つのニキビ跡のタイプに赤みや色素沈着が発生するというものがあります。ニキビができた箇所が、赤みを帯びておりなかなか消えないというものです。これは、新陳代謝が正常に働かなかったことで起こるもので、紫外線などで色素沈着を起こしてしまうというものです。ニキビ跡の原因がそれぞれ異なるので、それに対応する方法もそれぞれ異なります。

ニキビ跡には、それぞれのタイプに異なりしっかりとケアを行なわなくてはなりません。凹凸が出来てしまった場合は、ダメージが皮膚の内部に残っている状態なので、内部からケアを行なう必要があります。口コミなどで凹凸タイプのニキビ跡に有効とされている治療法がレーザー治療です。皮膚の表面に非常に小さい穴を空けることで、皮膚の修復のために細胞が集まります。コラーゲンが活性化し、皮膚を再生させるために働き出すことで肌の凹みを改善することができます。また、肌の赤みや色素沈着を起こしているタイプのニキビ跡には、新陳代謝を促すことが必要になります。皮膚のターンオーバーを正常にさせるのに有効なものがケミカルピーリングです。薬剤を塗り、古い角質をはがしていくという方法で、肌のターンオーバーを正常にさせていくことで綺麗な白い肌にしていくことができます。また、口コミではケミカルピーリング以外にもビタミンのイオンを導入するという方法が有効と言われています。直接肌にビタミンを導入することで、ニキビ跡以外にもシミやシワなどさまざまなトラブルを改善することができます。